事務所名 : 宇都木社会保険労務士事務所 代表 : 宇都木美穂 所在地 : 千葉県香取市佐原イ1755-5

プロフィール

宇都木 美穂 1972年 千葉県佐原生まれ、佐原在住。 ゆりかごから墓場まで、社会保険や労災などに関する手続きや相談、カウンセリング、 コーチングも請け負う「ヒト」の専門家。 社会保険労務士の独占業務である労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成代行等を行う一方、企業を経営して行く上で欠かせない労務管理や社会保険に関する相談・指導を行い、悩める社長のコンシェルジュとして総合的な関わりをしている。 開業直後から、従業員500人規模の社会保険事務手続き代行、医療機関の就業規則制定、建設業社会保険新規適用など、数多くのお客様からの信頼を得て、実績を重ねている。 短大卒業後、空港関連の企業で総務、人事、経理など事務全般を16年担当。会社の創業期と入社が重なったことから、事務のひとつひとつを作り上げ、その間、働きながら社労士試験に挑戦し、2005年に合格。 資格をさらに活かすため、全国で300人、うち千葉県では10人の難関を突破し、厚生労働省任期付任用職員となる。ハローワークで約3年、雇用保険課給付係として従事。様々な事情を抱えた10万人を超える離職者の対応にあたる。離職者からは「あなたが担当でよかった」「あなたの説明はとてもわかりやすい」との評判を得る。任期満了後、独立のための修業として都内の社労士事務所に勤務。 約1年の下積みを経て、2013年3月、地元へ帰還し、宇都木社会保険労務士事務所を開業。 事務所の仕事の他に、行政協力として、労働基準監督署の労働相談も担当し、数多くの案件に対応してきている。 この労働相談を担当した体験により、的確なアドバイスをしてくれるとの評判を得る。 お客様の問題の本質を聴き取るため、コミュニケーションスキルであるNLPを長年学び、NLPマスタープラクティショナーの資格も得ている。そのスキルを活かし、学校教育推進事業の一環として、高校生への出前授業を2年連続で担当し、好評を得た。 常に、お客様の話をよく聞き、わかりやすい、公正な応対、説明を心掛けており、持ち前のフットワークとその親しみやすさから、「もっと話したくなる社労士」として奔走中。宇都木社会保険労務士事務所のビジョンである「人とつながる、笑顔を創る」を大切に、働く人の元気をサポートしていく、それが私たちのミッションです。 ●趣味: 食べ歩き、旅行、カメラ、琴、三味線、書道など。 そして大の祭り好き。 ●経歴・資格: ・社会保険労務士 ・医療労務コンサルタント ・NLPマスタープラクティショナー ・第一種パソコン財務会計主任者 ・ファイナンシャル・プランニング技能士2級 ●クライアント:    医療機関、航空サービス企業、飲食系企業、建築系企業 等多数     ●活動実績:    講演会 「出前授業:社会保険を知る」(2013年、2014年 高校生200名対象)    研修 「コミュニケーション研修」        「総務部員のための社会保険の基礎研修」  等       

トップへ戻る